辻研究室

埼玉大学でロボット工学を研究する辻研究室のサイトです

Main Researches

Recent News

河原嵩剛君が2023年度 計測自動制御学会 SICE優秀学生賞を受賞しました。
SICE優秀学生賞
JSRMR2024のウェブサイトを立ち上げました。
JSRMR2024
川口拓真君が2023年度 埼玉大学 学生表彰を受賞しました。
埼玉大学 学生表彰
IEEE Open Journal of Engineering in Medicine and Biology(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
Y. Kato, T. Tsuji, and I. Cikajlo: “Feedback Type May Change the EMG Pattern and Kinematics During Robot Supported Upper Limb Reaching Task,”
IEEE Open Journal of Engineering in Medicine and Biology, 2024.
日本経済新聞にて,接触状態推定に基づく動作生成の記事が掲載されました。
NIKKEI Tech Foresight
日経クロステック
研磨音に基づく制御の記事が掲載されました。
jsme.or.jp
YouTube
日刊工業新聞にて,研磨音に基づく制御の記事が掲載されました。
電子版
ニュースイッチ
YouTube
日刊工業新聞にて,接触状態推定に基づく動作生成の記事が掲載されました。
電子版
本研究室の研究紹介動画を公開しました。
「組立や箱詰の位置ずれを自律的に補正するフィードバック制御」
「失敗から自律的に回復するロボットの模倣学習」
「音に学んで人の研磨動作を模倣するロボット」
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Kawahara and T. Tsuji: “Development of an Easy-to-Cut Six-Axis Force Sensor,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 9, No. 1, pp. 563-570, 2024.
本研究室は2023国際ロボット展(2023/11/29~12/2)に出展します。
日刊工業新聞にて,非対称剛性制御の記事が掲載されました。
電子版
第5回日本再生医療とリハビリテーション学会学術大会において1件の発表を行いました。
第41回日本ロボット学会学術講演会において5件の発表を行いました。
電気学会産業応用部門大会で1件の発表を行いました。
計測と制御にて下記の解説論文が掲載されました。
辻 俊明: “コンタクトリッチタスクのための力覚センシング,”
計測と制御, Vol. 62, No. 8, pp. 461-466, 2023.
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Sugawara, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Unsupervised human motion segmentation based on characteristic force signals of contact events,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 8, No. 10, pp. 6203-6210, 2023.
ROBOMECHにて、下記の発表が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞とROBOMECH表彰(学術研究分野)に選定されました。
川口 拓真, 辻 俊明: “周波数解析と機械学習に基づく研磨音からの接触力推定,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022.
名古屋で開催されたROBOMECH2023において5件の発表を行いました。
Journal of Robotics and Mechatronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Kawahara and T. Tsuji: “Development of High Dynamic Range Six-Axis Force Sensor with Simple Structure,”
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 35, No. 3, pp. 771-779, 2023.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Takeuchi, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Motion Generation Based on Contact State Estimation Using Two-stage Clustering,”
IEEJ Journal of Industry Applications, 2023.
野木祐弥君がSICE 優秀学生賞を受賞しました。
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
Y. Kato, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Motion Planning for Cutting Flexible Objects Based on Contact State Recognition,”
IEEJ Journal of Industry Applications, 2023.
IEEE/ASME Transactions on Mechatronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
H. Unten, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Peg-in-Hole Using Transient Information of Force Response,”
IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, 2022.
IEEE Access(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
Y. Nogi, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Contact Force Detection of Grinding Process Using Frequency Information and Differential Feature on Force Signal,”
IEEE Access, Vol. 10, pp. 127140-127148, 2022.(Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/9968258).
IEEE Access(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Takeuchi, K. Sugawara, I. Nojima, and T. Tsuji: “Comparative Study of Foot Fixation Methods and Sensor Arrangements in Ankle Joint Torque Measurement Equipment,”
IEEE Access, Vol. 10, pp. 114040-114047, 2022.(Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/9932594).
京都で開催されたIROS2022において2件の発表を行いました。
第4回日本再生医療とリハビリテーション学会学術大会において1件の発表を行いました。
オープンラボ説明会を開催します。
10月10日(月) 16:30~, 場所: 実習工場・研究実験棟1階 電気機器実験室
第40回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
SAMCON 2022にて、下記の論文がIEEJ Industry Applications Society Excellent Presentation Awardに選定されました。
Y. Kato, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Motion Planning for Cutting Flexible Objects Based on Contact State Recognition,” the 8th IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON2022), 2022.
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
Y. Kato, P. Balatti, J. M. Gandarias, M. Leonori, T. Tsuji, and A. Ajoudani: “A Self-Tuning Impedance-based Interaction Planner for Robotic Haptic Exploration,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 7, No. 4, pp. 9461-9468, 2022.
札幌で開催されたAIM2022において1件の発表を行いました。
札幌およびオンラインで開催されたROBOMECH2022において4件の発表を行いました。
フィラデルフィアおよびオンラインで開催されたICRA2022において2件の発表を行いました。
オンラインで開催されたSAMCON2022において3件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記2件の原著論文が掲載されました。
・T. Horikoshi, S. Sakaino, and T. Tsuji: "High Dynamic Range Force Sensing of a Robot Hand Combining Signals on Tip and Wrist,"
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 7, No. 2, pp. 3210-3217, 2022.
・Y. Nogi, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Force Control of Grinding Process Based on Frequency Analysis,"
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 7, No. 2, pp. 3250-3256, 2022.
オンラインで開催されたICCAS2021において1件の発表を行いました。
オンラインで開催されたIROS2021において2件の発表を行いました。
オープンラボ説明会参加者向け
研究紹介動画等リンク集はこちら
第39回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
R. Tamura, T.Horikoshi, S. Sakaino, and T. Tsuji: “High Dynamic Range 6-Axis Force Sensor Employing a Semiconductor-Metallic Foil Strain Gauge Combination,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 6, No. 4, pp. 6243-6249, 2021.
概要はこちらの動画から
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Kitamura, S. Sakaino, M. Hara, and T. Tsuji: “Bilateral Control of Human Upper Limbs Using Functional Electrical Stimulation Based on Dynamic Model Approximation,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 10, No. 4, pp. 443-456, 2021.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
R. Tamura, S. Sakaino, and T. Tsuji: “High Dynamic Range Uniaxial Force/Torque Sensor Using Metal Foil and Semiconductor Strain Gauge,”
IEEJ Journal of Industry Applications, 2021.
オンラインで開催されたROBOMECH2021において4件の発表を行いました。
生体医工学誌(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
久保田 圭祐, 大久保 優貴, 李 陽秀, 金子 縁, 辻 俊明: “卓上型全方向駆動リハビリロボットを用いた慢性期脳卒中片麻痺者の上肢運動機能改善効果の検証,”
生体医工学誌, Vol. 59, No. 1, pp.1-6, 2021.
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, K. Sato, and S. Sakaino: “Contact Feature Recognition Based on MFCC of Force Signals,”
IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 6, no. 3, pp. 5153-5158, 2021.
日本ロボット学会誌(査読有り)にて下記の原著論文が掲載されました。
辻 俊明, 佐藤 航陽, 境野 翔: “力覚情報のメル周波数ケプストラム係数に基づく接触動作の認識,”
日本ロボット学会誌, Vol. 39, No. 2, pp. 173-176, 2021.