辻研究室

埼玉大学でロボット工学を研究する辻研究室のサイトです

News

オープンラボ説明会参加者向け
研究紹介動画等リンク集はこちら
第39回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
R. Tamura, T.Horikoshi, S. Sakaino, and T. Tsuji: “High Dynamic Range 6-Axis Force Sensor Employing a Semiconductor-Metallic Foil Strain Gauge Combination,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 6, No. 4, pp. 6243-6249, 2021.
概要はこちらの動画から
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Kitamura, S. Sakaino, M. Hara, and T. Tsuji: “Bilateral Control of Human Upper Limbs Using Functional Electrical Stimulation Based on Dynamic Model Approximation,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 10, No. 4, pp. 443-456, 2021.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
R. Tamura, S. Sakaino, and T. Tsuji: “High Dynamic Range Uniaxial Force/Torque Sensor Using Metal Foil and Semiconductor Strain Gauge,”
IEEJ Journal of Industry Applications, 2021.
オンラインで開催されたROBOMECH2021において4件の発表を行いました。
生体医工学誌(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
久保田 圭祐, 大久保 優貴, 李 陽秀, 金子 縁, 辻 俊明: “卓上型全方向駆動リハビリロボットを用いた慢性期脳卒中片麻痺者の上肢運動機能改善効果の検証,”
生体医工学誌, Vol. 59, No. 1, pp.1-6, 2021.
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, K. Sato, and S. Sakaino: “Contact Feature Recognition Based on MFCC of Force Signals,”
IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 6, no. 3, pp. 5153-5158, 2021.
日本ロボット学会誌(査読有り)にて下記の原著論文が掲載されました。
辻 俊明, 佐藤 航陽, 境野 翔: “力覚情報のメル周波数ケプストラム係数に基づく接触動作の認識,”
日本ロボット学会誌, Vol. 39, No. 2, pp. 173-176, 2021.
オンラインで開催されたSAMCON2021において2件の発表を行いました。
オンラインで開催されたICM2021において2件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
M. Oikawa, T. Kusakabe, K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Reinforcement Learning for Robotic Assembly Using Non-Diagonal Stiffness Matrix,”
IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 6, no. 2, pp. 2737-2744, 2021.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
S. Sakaino, T. Kitamura, N. Mizukami, and T. Tsuji: “High-Precision Control for Functional Electrical Stimulation Utilizing a High-Resolution Encoder,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 10, No. 2, pp. 124-133, 2021.
IEEE Access(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
A. Sasagawa, K. Fujimoto, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Motion Generation Using Bilateral Control-based Imitation Learning with Autoregressive Learning,”
IEEE Access, Vol. 9, 2021.(Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/9344611).
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
A. Sasagawa, K. Fujimoto, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Imitation Learning Based on Bilateral Control for Human–Robot Cooperation,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 5, No. 4, pp. 6169-6176, 2020.
Advanced Roboticsにて、下記の論文がAdvanced Robotics Excellent Paper Awardに選定されました。
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Trajectory adjustment for nonprehensile manipulation using latent space of trained sequence-to-sequence model,”
Advanced Robotics, Vol. 33, Issue 21, pp. 1144-1154, 2019.
第38回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
オープンラボ説明会参加者向け
動画等リンク集はこちら
研究協力者公募の案内
概要はこちら
オンラインで開催されたAIM2020において1件の発表を行いました。
オンラインで開催されたROBOMECH2020において5件の発表を行いました。
IEEJ SAMCON2020にて、下記の論文がSAMCON2020 Outstanding Paper Awardに選定されました。
T. Tsuji, D. Okumura, R. Tamura, and S. Sakaino: "High dynamic range six-axis force / torque sensors for dexterous robots,"
the 6th IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON2020), IS-7.
IEEJ SAMCON2020にて、下記2件の論文が掲載されました。
・T. Horikoshi, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Highly backdrivable Motion Control of a Robot with HDR 6-axis F/T Sensor,"
the 6th IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON2020), P-18.
・T. Tsuji, D. Okumura, R. Tamura, and S. Sakaino: "High dynamic range six-axis force / torque sensors for dexterous robots,"
the 6th IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON2020), IS-7.
IEEE Access(査読有り)にて、下記2件の原著論文が掲載されました。
・D. Furuta, K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Motion Planning with Success Judgement Model based on Learning from Demonstration,"
IEEE Access, 2020. (Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/9064769).
・Y. Hasegawa, T. Kitamura, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Bilateral Control of Elbow and Shoulder Joints Using Functional Electrical Stimulation Between Humans and Robots,"
IEEE Access, 2020. (Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/abstract/document/8962009).
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Simultaneous Estimation of Contact Position and Tool Shape using Unscented Particle Filter,"
IEEJ Journal of Industry Applications, vol. 9, no. 5, May 2020.
EMIRAのプロトタイプリポートにて、本研究室が開発した新しい調理支援システムの記事が掲載されました。電子版はこちら
本研究室博士後期課程3年の沓澤京君による後期課程研究発表会を1月22日(水)14:40~16:10に開催します。
開催概要はこちら
電気学会メカトロニクス制御研究会にて、本研究室修士1年生の田村龍也君が以下の内容で表彰されました。
"半導体歪ゲージを用いたハイダイナミックレンジ一軸力覚センサの開発"
2019国際ロボット展での配布資料を公開しています。資料はこちらからダウンロードできます。 各資料はProjectsページまたはDownloadsページからもアクセスできます。
東京で開催された電気学会メカトロニクス制御研究会において1件の発表を行いました。
本研究室の研究紹介動画を公開しました。
https://youtu.be/_MhhfgEAxsI HDR力覚センサーを搭載した組み立てロボット
https://youtu.be/uwB69NpG6fk 機械学習でダイナミックな技能運動を実現するロボット
https://youtu.be/fQbkWFSCRCo 視触覚再生型VRによる超臨場感の実現 ―現実と区別がつかないバーチャルリアリティ技術―
本研究室は2019国際ロボット展(2019/12/18~12/21)に出展します。 詳細はProjectsページにあります。
マカオで開催されたIROS2019において2件の発表を行いました。
リスボンで開催されたIECON2019において3件の発表を行いました。
Advanced Robotics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Trajectory adjustment for nonprehensile manipulation using latent space of trained sequence-to-sequence model,”
Advanced Robotics, Vol. 33, Issue 21, pp. 1144-1154, 2019.
MDPI Sensors(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
R. Koike, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Hysteresis Compensation in Force/Torque Sensors Using Time Series Information,”
MDPI Sensors, Vol.19, No.19, 4259, 2019. (Open Access: https://www.mdpi.com/1424-8220/19/19/4259).
SAMCON2019にて、本研究室博士3年生の沓澤京君が以下の内容で表彰されました。
"Simultaneous Estimation of Contact Position and Tool Shape using Particle Filter"
広島で開催されたROBOMECH2019において7件の発表を行いました。
【学内向け】自動制御の授業で説明した例題3.1のファイルをダウンロードしたい人はここをクリック
モントリオールで開催されたICRA2019において1件の発表を行いました。
ICM2019にて、本研究室修士2年生の角田潤也君が以下の内容で表彰されました。
"Angle Measurement Using Moir`e Patterns Enlarging the Rotation in the Linear Motion"
icmtsunoda
イルメナウで開催されたICM2019において1件の発表を行いました。
MDPI Sensors(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Kubota, M. Sekiya, and T. Tsuji: “Robot-Assisted Eccentric Contraction Training of the Tibialis Anterior Muscle Based on Position and Force Sensing,”
MDPI Sensors, Vol.19, No.6, 1288, 2019年. (Open Access: https://www.mdpi.com/1424-8220/19/6/1288/).
千葉で開催されたSAMCON2019において3件の発表を行いました。
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
J. Tsunoda, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Development of an Angle Measurement System Using Monocular Camera and Moir`e Patterns,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol.8, No.2, pp.200-206, 2019年.
(Open Access: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejjia/8/2/8_200/_article/-char/ja/).
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
S. Sakaino, T. Sakuma, and T. Tsuji: "A Control Strategy for Electro-hydrostatic Actuator Considering Static Friction, Resonance, and Oil Leakage,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol.8, No.2, pp.279-286, 2019年.
(Open Access: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejjia/8/2/8_279/_article/-char/ja/).
IEEE Transactions on Neural Systems & Rehabilitation Engineering(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
M. Sekiya, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Linear Logistic Regression forEstimation of Lower Limb Muscle Activations.”
IEEE Transactions on Neural Systems & Rehabilitation Engineering, Vol.27, No.3, 2019年.
(Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/8637973/).
ワシントンD.C.で開催されたIECON2018において4件の発表を行いました。
マドリッドで開催されたIROS2018において2件の発表を行いました。
三重で開催されたMECATRONICS2018において2件の発表を行いました。
RSJ2018にて、本研究室博士2年生の沓澤京君が以下の内容で表彰されました。
"sequence-to-sequenceモデルを用いた軌道生成における外乱補償能力の検証"
rsjkutsuzawa
愛知で開催されたRSJ2018において1件の発表を行いました。
横浜で開催されたJIASC2018において1件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Sequence-to-Sequence Model for Trajectory Planning of Nonprehensile Manipulation Including Contact Model,”
IEEE Robotics and Automation Letters, 2018. (Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/8410030/).
北九州で開催されたROBOMECH2018において8件の発表を行いました。
東京で開催されたSAMCON2018において2件の発表を行いました。
東京で開催されたAMC2018において3件の発表を行いました。
本研究室で開発されたHDR力覚センサ(0.01N-1000Nのダイナミックレンジで世界最高性能)のビデオを公開しました.
力覚センサのビデオを見るにはここをクリック
過去の動画はこちら
力可視化まな板
ハプティックデスク
リハビリ支援ロボット
中国で開催されたIECON2017において6件の発表を行いました。
Advanced Robotics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Sakuma, K. Tsuda, K. Umeda, S. Sakaino, T. Tsuji: “Modeling and Resonance Suppression Control for Electro-hydrostatic Actuator as a Two-Mass Resonant System,”
Advanced Robotics, 1-11, 2017.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, K. Kutsuzawa, and S. Sakaino: “Optimized Trajectory Generation based on Model Predictive Control for Turning Over Pancakes,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 7, No. 1, 2018.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Tsuda, T. Sakuma, K. Umeda, S. Sakaino, T. Tsuji: “Resonance-suppression Control for Electro-hydrostatic Actuator as Two-inertia System,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 6, No. 5, 2017.
IEEE Trans. on Industrial Electronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, T. Seki, S. Sakaino: “Intrinsic Contact Sensing for Touch Interface with Movable Structure,”
IEEE Trans. on Industrial Electronics, Vol. 64, 2017.
IEEE Transactions on Industrial Electronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
S. Sakaino, T. Furuya, T. Tsuji: “Bilateral Control between Electric and Hydraulic Actuators Using Linearization of Hydraulic Actuator,”
IEEE Transactions on Industrial Electronics, Vol. 64, No. 6, pp. 4631-4641, 2017.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
S. Sakaino, H. Kawajiri, T. Tsuji: “Determination of Torque Distribution Ratio for Electric Bicycle with Independently Driven Front and Rear Wheels,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 6, No. 3, pp. 223-230, 2017.
Journal of Robotics and Mechatronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, T. Tsuji: “A Control System for a Tool Use Robot: Drawing a Circle by Educing Functions of a Compass,”
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 29, No. 2, pp.395-405, 2017.
福島で開催されたROBOMECH2017において5件の発表を行いました。
新潟で開催されたSAMCON2017において2件の発表を行いました。
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
H. Kitamura, S. Sakaino, T. Tsuji: “Contact Point Calculation on a Haptic Interface Utilizing Differentiated Force,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 6, No. 2, pp. 150-159, 2017.
IEEE Trans. Industrial Electronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
N. Tojo, T. Mizoguchi, T. Kaneko, T. Tsuji, T. Shimono: “Estimation of Antagonistic Output Ratios Based on Force Distribution at End Effector of Limb,”
IEEE Trans. Industrial Electronics, Vol. 64, No. 2, pp. 1783-1792, 2017.
Electrical Engineering in Japan(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました
T. Yamazaki, S. Sakaino, T. Tsuji:"Estimation and Kinetic Modeling of Human Arm using Wearable Robot Arm,"
Electrical Engineering in Japan, Vol. 199, No. 3, pp. 57-67, 2017.
Advanced Robotics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Ogata, T. Umino, T. Nakayama, E. Ono, T. Tsuji:
 "Dummy humanoid robot simulating several trunk postures and abdominal shapes-Report of element technologies,"
Advanced Robotics, pp. 1-8, 2017.
ROBOMECH Journal(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
S. Sakaino, T. Tsuji:"Development of friction free controller for electro-hydrostatic actuator using feedback modulator and disturbance observer,"
ROBOMECH Journal, Vol.4, No. 1, 2017.
Journal of Robotics and Mechatronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, T. Tsuji:
 "A Control System for a Tool Use Robot: Drawing a Circle by Bringing Out Functions of a Compass,"
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 29, No. 2.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました
H. Kitamura, S. Sakaino, T. Tsuji: "Contact Point Calculation on a Haptic Interface Utilizing Differentiated Force,"
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 6, No. 2.
日刊工業新聞にて、本研究室とワコーテックが共同開発した力覚センサの記事が掲載されました。電子版はこちら
IEEE Transactions on Industrial Electronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
N. Tojo, T. Shimono, T. Kaneko, T. Tsuji, T. Mizoguchi:
 "Estimation of Antagonistic Output Ratios Based on Force Distribution at End Effector of Limb,"
IEEE Trans. on Industrial Electronics, 2016.
IEEE Transactions on Industrial Electronics(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, T. Seki, S. Sakaino: "Intrinsic Contact Sensing for Touch Interface with Movable Structure,"
IEEE Trans. on Industrial Electronics, 2016.
IECON 2016にて、本研究室修士2年生の沓澤京君が以下の内容で表彰されました。
"Estimation of individual force at three contact points on an end-effector by a six-axis force/torque sensor"
ieconkutsuzawa
フィレンツェで開催されたIECON 2016において4件の発表を行いました。
テジョンで開催されたIROS 2016において3件の発表を行いました。
第34回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
LIFE2016において1件の発表を行いました。
IEEJ Journal of Industry Applicationsに下記の原著論文が掲載されました。
T. Kitamura, N. Mizukami, H. Mizoguchi, S. Sakaino, T. Tsuji: "Bilateral Control in the Vertical Direction Using Functional Electrical Stimulation"
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 5, No. 5, pp. 398-404, 2016.
フロリダで開催されたEMBC 2016において1件の発表を行いました。
電気学会論文誌D(産業応用部門誌)に下記の原著論文が掲載されました。
山崎 貴大,境野 翔,辻 俊明: "装着型ロボットアームを用いた人の腕の動力学モデリングと物理パラメータ推定"
電気学会産業応用部門誌, Vol. 136, No. 4, pp. 254-262, 2016
ROBOMEC 2016において8件の発表を行いました。
カリフォルニアで開催されたISIE 2016において1件の発表を行いました。
オークランドで開催されたAMC 2016において3件の発表を行いました。
日刊工業新聞にて、本研究室のリハビリ支援装置"FOVI-Bar"の記事が掲載されました。電子版はこちら
IEEE Transactions on Industrial Electronics(査読有り)にて、下記2件の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, T. Kaneko, S. Sakaino: "Motion Matching in Rehabilitation Databases with Force and Position Information,"
IEEE Trans. on Industrial Electronics, Vol. 63,No. 3, pp. 1935-1942, Mar. 2016.
T. Tsuji, J. Ohkuma, S. Sakaino:"Dynamic Object Manipulation Considering Contact Condition of Robot with Tool,"
IEEE Trans. on Industrial Electronics , Vol. 63,No. 3, pp. 1972-1980, Mar. 2016.
IEEJ SAMCON 2016にて、本研究室修士1年の北村滉之君が優秀発表賞を受賞しました。
samconkitamura
IEEJ SAMCON 2016において4件の発表を行いました。
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会において2件の発表を行いました。
ICAM 2015において2件の発表を行いました。
辻准教授が以下の内容について、表彰されました。
平成27年度埼玉大学工学部 ベストレクチャー賞 「ロボット制御」
IECON 2015において3件の発表を行いました。
日本経済新聞にて、本研究室のリハビリ支援装置"FOVI-Bar"が紹介されました。
「簡易型、導入費1/10 埼玉大、事業化へ企業連携 リハビリ用の歩行分析装置」
CEATEC JAPAN 2015にて2件のデモを展示しました。
ハンブルクで開催されたIROS 2015において1件の発表を行いました。
本研究室の尾形邦裕研究員が以下の内容について日本ロボット学会研究奨励賞を受賞しました。
「福祉機器の客観的評価のための外装変形機構を有する人型ダミーロボット」
LIFE 2015において1件の発表を行いました。
第33回日本ロボット学会学術講演会において2件の発表を行いました。
シンガポールで開催されたICORR 2015において1件の発表を行いました。
シアトルで開催されたICRA 2015において1件の発表を行いました。
ROBOMEC 2015において8件の発表を行いました。
IEEJ SAMCON 2015において4件の発表を行いました。
IEEE ICM 2015において2件の発表を行いました。
日本経済新聞にて、以下の見出しで本研究室の触覚技術が紹介されました。
「埼玉大、家具や壁をスイッチに 実用化へ企業と連携」
本研究室修士1年の関樹君が1月11日のTBS「未来の起源」に出演しました。
第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会で1件の発表を行いました。
ダラスで開催されたIECON2014にて、辻准教授が以下の内容について優秀発表賞を受賞しました。
"Development of a Desk-Type Tactile Interface Using Force Sensors"
CEATEC JAPAN 2014にて2件のデモを展示しました。
IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsにおいて1件の発表を行いました。
第32回日本ロボット学会学術講演会において2件の発表を行いました。
電気学会産業応用部門大会において2件の発表を行いました。
シカゴで開催されたIEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsにおいて1件の発表を行いました。
ROBOMECH2014において1件の発表を行いました。
IPEC-Hiroshima 2014において1件の発表を行いました。
辻准教授が以下の内容について日本機械学会奨励賞(研究)を受賞しました。
「人間支援ロボットのための力覚信号処理技術の研究」
TBS『未来の起源』でリハビリ支援ロボットが紹介されました。
横浜で開催されたIEEE International Workshop AMC2014において2件の発表を行いました。
電気学会産業計測制御研究会において7件の発表を行いました。
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』のトレたまのコーナーでハプティックデスクが紹介されました。 このサイトから視聴できます。
ハプティックデスクの記事が日経産業新聞先端技術面で紹介されました。
nikkeidesk
電気機器学Ⅰで誘導機を理解するための動画はここ
リハビリ支援ロボット"R-cloud"の記事が日経産業新聞先端技術面で紹介されました。
nikkeiriha
数値解析とアルゴリズム演習の出席課題ひな形ファイルはここ(右クリックから保存するとよい)。
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』のトレたまのコーナーでリハビリ支援ロボットが紹介されました。 このサイトから視聴できます。
DIGINFO TVにてリハビリ支援ロボットの紹介ビデオが掲載されました。 英語記事へ 日本語記事へ
国際ロボット展で3件のデモを展示しました。
触覚インタフェース化した机「ハプティックデスク」の記事が日刊工業新聞1面で紹介されました。 電子版はこちら
nikkandesk
IEEE IROS2013において1件の発表と2件のワークショップ講演を行いました。
JSTさきがけシンポジウム 情報学による未来社会のデザイン 第二回「情報が拓くヘルス&ウェルネス」において1件の発表と3件の展示を行いました。
日本ロボット学会学術講演会において1件の発表を行いました。
IEEE R10-HTC2013において1件の発表を行いました。
今月のJournal of Robotics and Mechatronics に下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, M. Yamada, Y. Kaneko: "A Robot Measuring Upper Limb Range of Motion for Rehabilitation Database,"
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 25, No. 3, pp. 515-520, 2013.
ロボティクスメカトロニクス講演会2013において3件の発表を行いました。
電気学会産業計測制御研究会において9件の発表を行いました。
IEEE ICM2013において1件の発表を行いました。
IEEJ Journal of Industry Applications に下記の原著論文が掲載されました。
M. Kamibayashi, S. Sakaino, T. Tsuji: "Evaluation Indices of Stiffness Control for Its Performance Comparison,"
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 2, No. 1, pp.61-66
電気機器学Ⅰで誘導機を理解するための動画はここ
数値解析とアルゴリズム演習の出席課題ひな形ファイルはここ(右クリックから保存するとよい)。
IECON2012にて2件の講演と1件のチュートリアルを実施しました
IROS2012にて1件講演しました
日本ロボット学会学術講演会で1件の発表を行いました。
電気学会誌9月号に特集記事が掲載されました
辻 俊明, 大西 公平: "筋骨格アクチュエータに基づくモーションコントロール,"
電気学会産業応用部門大会で2件の発表を行いました。
埼玉新聞にリハビリ支援ロボットの記事が掲載されました
サイ・テクこらむ知と技の発信「力の計測で運動療法を向上」
ss627
ロボティクスメカトロニクス講演会において1件講演を行いました
日本生理学会においてシンポジウム講演を行いました
サラエボで開催されたIEEE International Workshop AMC2012において1件発表しました
電気学会全国大会においてシンポジウム講演を行いました
本研究室4年生の栗田直幸君が電気学会東京支部 埼玉支所優秀論文発表賞を受賞しました
論文題目:「非凸包型エンドエフェクタを有するハプティックアーマの信号処理」
kurita
電気学会産業計測制御研究会にて3件の発表を行いました
サイトリニューアル
IECON2011にて1件発表しました。
IECON2011にてワークショップを開催しました。
首都圏北部4大学発新技術説明会で講演しました。
日本ロボット学会学術講演会で2件の発表を行いました。
電気学会産業応用部門大会で2件の発表を行いました。
電気学会論文誌D(産業応用部門誌)に下記の原著論文が掲載されました。
羽生 良輔,辻 俊明: "複数の支持点を有する甲殻型触覚センサの開発とマニピュレータへの応用"
電気学会産業応用部門誌, Vol. 131(2011), No. 9, pp. 1128-1134
ICRA2011において1件の発表を行いました。
日本機械学会賞を受賞しました。
タイトル:
「ライフマスクを用いた顔ロボットによる動的表情表出」
サイトリニューアル
電気学会産業計測制御研究会において2件の発表を行いました。
MECATRONICS2010, Recognition Award を受賞しました。
MECATRONICS2010において1件の発表を行いました。
電気学会東海支部・SICE中部支部共催若手セミナー「次世代パワーエレクトロニクス技術の新展開」において招待講演を行いました。 タイトル:「ロボットが全身で力覚・触覚を検知するための技術」
IECON2010において1件の発表を行いました。
IROS2010において3件の発表を行いました。
イノベーションジャパン2010において画像処理の研究の展示および発表をしました。
日本ロボット学会学術講演会において2件の発表を行いました。
日本ロボット学会研究奨励賞を受賞しました。
クローズアップ東北(NHK仙台, 19:30-19:55)でリハビリ支援ロボットとナメクジウオロボットの映像が放映されました。
電気学会産業応用部門大会(JIASC2010)において1件の発表を行いました。
おはよう日本(NHK, 7:00-7:45)でリハビリ支援ロボットとナメクジウオロボットの映像が放映されました。
はまなかあいづTODAY(NHK福島, 18:10-19:00)でリハビリ支援ロボットとナメクジウオロボットが紹介されました。
International Symposium on Application of Biomechanical Control Systems to Precision Engineeringで1件の招待講演および2件の展示を実施しました。
FTVスーパーニュース(福島テレビ, 17:55-19:00)でリハビリ支援ロボットとナメクジウオロボットが紹介されました。
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010)で2件の発表を行いました。
IEEE International Conference on Robotics and Automation(ICRA2010)で1件の発表を行いました
日本ロボット学会誌に下記の原著論文が掲載されました。
辻 俊明, 伊藤 達也: "触覚情報の特徴量抽出に基づくロボットの命令認識," 日本ロボット学会誌 Vol. 28, No. 3, pp. 79-86
The 11th International Workshop on Advanced Motion Control(AMC2010)で2件の発表を行いました
羽生良輔君(修士2年生)が電気学会東京支部埼玉支所委員会優秀論文発表賞を受賞しました。
タイトル: 「複数の支持点を有する甲殻型触覚センサの開発とマニピュレータへの応用」
電気学会産業応用部門誌に下記の原著論文が掲載されました。
辻 俊明, 田代 浩紀, 阿部 茂:"エレベータ乗場画像の移動体上端に着目した待客数計測方式,"電気学会産業応用部門誌 Vol. 130-D, No.3, pp. 334-340
電気学会産業応用部門誌に下記の原著論文が掲載されました。
伊藤 達也,辻俊明: 伊藤 達也,辻俊明:   電気学会産業応用部門誌, Vol. 130-D, No. 3, pp. 293-299
電気学会産業応用部門誌に下記の原著論文が掲載されました。
辻 俊明, 猪田 良介: "高速度カメラ画像に基づく鏡面反射光の除去," 電気学会産業応用部門誌 Vol. 130-D, No.3, pp. 261-267
電気学会産業応用部門誌に下記の原著論文が掲載されました。
"エレベータ乗場画像の移動体上端に着目した待客数計測方式," 電気学会産業応用部門誌 Vol. 130-D, No.3, pp. 334-340。
電気学会産業応用部門産業計測制御技術委員会優秀論文発表賞を受賞しました。
タイトル: 「高速度カメラ画像に基づく鏡面反射光の除去」
埼玉県経営者協会ニュース10・11月号に記事「高速度カメラを利用した鏡面反射光の分離技術」が掲載されました。
The 35th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON2009) で1件の発表を行いました。
IEEE International Conference on Intelligent RObots and Systems(IROS2009) で1件の発表を行いました。
工学フォーラム2009(読売新聞)において2件の発表を行いました。
イノベーションジャパンで展示を行いました。
ロボット学会学術講演会で3件の講演を行いました。
電気学会優秀論文発表賞を受賞しました。
タイトル:「全身力覚化を実現する甲殻型センサの開発とその較正法」
電気学会産業応用部門大会で3件の講演を行いました
電気学会産業応用部門誌に下記の原著論文が掲載されました。
内舘光,猪田良介,辻俊明,阿部茂"実時間画像処理によるエレベータ乗場の人数計測と車いすの識別," :電気学会産業応用部門誌, Vol. 129-D, No. 6, pp. 578-584
ロボティクスメカトロニクス講演会(ROBOMEC2009) で1件の発表を行いました。
IEEE Trans. on Industrial Electronicsに下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, Y. Kaneko, S. Abe: "Whole-body Force Sensation by Force Sensor with Shell-shaped End-effector,"  IEEE Trans. on Industrial Electronics, Vol. 56, No. 5, pp.1375-1382
IEEE International Conference on Mechatronics (ICM2009)で1件の発表を行いました。
電気学会産業計測制御研究会で3件の発表を行いました。
IEEE Trans. on Industrial Electronicsに下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, T. Hashimoto, H. Kobayashi, M. Mizuochi, K. Ohnishi: “A Wide-range Velocity Measurement Method for Motion Control,” IEEE Trans. on Industrial Electronics, Vol. 56, No. 2, pp. 510-519
日本機械学会論文集C編に下記の原著論文が掲載されました。
橋本卓弥,平松幸男,辻俊明,小林宏: "ライフマスクを用いた顔ロボットによる動的表情表出," 日本機械学会論文集C編,Vol.75,No.749, pp.113-121
電子情報通信学会論文誌Dに下記の原著論文が掲載されました。
西川 嘉人, 辻 俊明, 金子 裕良, 阿部 茂: "移動オブジェクトの更新に適した領域分割形木構造:kdm-tree," 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J92-D, No. 1, pp. 1-11
内舘光君(卒業生・発表当時修士2年生)が電気学会産業応用部門産業計測制御技術委員会優秀論文発表賞を受賞しました。
伊藤達也君(学部4年生)がThe 5th IEEE Tokyo Young Researcher Workshop 実行委員会特別賞を受賞しました。