リハビリ支援ロボット クラウド、触覚インタフェース、力覚センサ:埼玉大学工学部 電気電子システム工学科 | 辻 俊明

埼玉大学でロボット工学を研究する辻研究室のサイトです

News

2016-09-07

第34回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。

2016-08-02

電気学会論文誌D(産業応用部門誌)に下記の原著論文が掲載されました。
  山崎 貴大,境野 翔,辻 俊明:   "装着型ロボットアームを用いた人の腕の動力学モデリングと物理パラメータ推定"
  電気学会産業応用部門誌, Vol. 136(2016), No. 4, pp. 254-262

2016-06-09

ROBOMEC 2016において8件の発表を行いました。

2016-06-08

カリフォルニアで開催されたISIE 2016において1件の発表を行いました。

2016-04-22

オークランドで開催されたAMC 2016において3件の発表を行いました。

2016-03-29

日刊工業新聞にて、本研究室のリハビリ支援装置"FOVI-Bar"の記事が掲載されました。電子版はこちら

2016-03-09

IEEE Transactions on Industrial Electronics(査読有り)にて、下記2件の原著論文が掲載されました。
 T. Tsuji, T. Kaneko, S. Sakaino: "Motion Matching in Rehabilitation Databases with Force and Position Information,"
   IEEE Trans. on Industrial Electronics, Vol. 63,No. 3, pp. 1935-1942, Mar. 2016.
 T. Tsuji, J. Ohkuma, S. Sakaino:"Dynamic Object Manipulation Considering Contact Condition of Robot with Tool,"
   IEEE Trans. on Industrial Electronics , Vol. 63,No. 3, pp. 1972-1980, Mar. 2016.

2016-03-08

IEEJ SAMCON 2016にて、本研究室修士1年の北村滉之君が優秀発表賞を受賞しました。

2016-03-07

IEEJ SAMCON 2016において4件の発表を行いました。

2015-12-15

第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会において2件の発表を行いました。

2015-12-06

ICAM 2015において2件の発表を行いました。

2015-11-20

辻准教授が以下の内容について、表彰されました。
平成27年度埼玉大学工学部 ベストレクチャー賞 「ロボット制御」

2015-11-09

IECON 2015において3件の発表を行いました。

2015-10-22

日本経済新聞にて、本研究室のリハビリ支援装置"FOVI-Bar"が紹介されました。
「簡易型、導入費1/10 埼玉大、事業化へ企業連携 リハビリ用の歩行分析装置」

2015-10-07

CEATEC JAPAN 2015にて2件のデモを展示しました。

2015-09-30

ハンブルクで開催されたIROS 2015において1件の発表を行いました。

2015-09-16

本研究室の尾形邦裕研究員が以下の内容について日本ロボット学会研究奨励賞を受賞しました。
「福祉機器の客観的評価のための外装変形機構を有する人型ダミーロボット」

2015-09-07

LIFE 2015において1件の発表を行いました。

2015-09-05

第33回日本ロボット学会学術講演会において2件の発表を行いました。

2015-08-13

シンガポールで開催されたICORR 2015において1件の発表を行いました。

2015-05-30

シアトルで開催されたICRA 2015において1件の発表を行いました。

2015-05-19

ROBOMEC 2015において8件の発表を行いました。

2015-03-10

IEEJ SAMCON 2015において4件の発表を行いました。

2015-03-06

IEEE ICM 2015において2件の発表を行いました。

2015-02-03

日本経済新聞にて、以下の見出しで本研究室の触覚技術が紹介されました。
「埼玉大、家具や壁をスイッチに 実用化へ企業と連携」

2015-01-11

本研究室修士1年の関樹君が1月11日のTBS「未来の起源」に出演しました。

2014-12-15

第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会で1件の発表を行いました。

2014-10-29

ダラスで開催されたIECON2014にて、辻准教授が以下の内容について優秀発表賞を受賞しました。
"Development of a Desk-Type Tactile Interface Using Force Sensors"

2014-10-07

CEATEC JAPAN 2014にて2件のデモを展示しました。

2014-09-14

IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsにおいて1件の発表を行いました。

2014-09-01

第32回日本ロボット学会学術講演会において2件の発表を行いました。

2014-08-26

電気学会産業応用部門大会において2件の発表を行いました。

2014-08-13

シカゴで開催されたIEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsにおいて1件の発表を行いました。

2014-05-29

ROBOMECH2014において1件の発表を行いました。

2014-05-01

IPEC-Hiroshima 2014において1件の発表を行いました。

2014-04-18

辻准教授が以下の内容について日本機械学会奨励賞(研究)を受賞しました。
「人間支援ロボットのための力覚信号処理技術の研究」

2014-03-16

TBS『未来の起源』でリハビリ支援ロボットが紹介されました。

2014-03-14

横浜で開催されたIEEE International Workshop AMC2014において2件の発表を行いました。

2014-03-10

電気学会産業計測制御研究会において7件の発表を行いました。

2014-02-06

ハプティックデスクの記事が日経産業新聞先端技術面で紹介されました。
nikkeidesk

2014-01-13

電気機器学気罵尭概,鰺解するための動画はここ

2014-01-10

リハビリ支援ロボット"R-cloud"の記事が日経産業新聞先端技術面で紹介されました。
nikkeiriha

2013-12-15

数値解析とアルゴリズム演習の出席課題ひな形ファイルはここ(右クリックから保存するとよい)。

2013-11-06

国際ロボット展で3件のデモを展示しました。

2013-11-06

触覚インタフェース化した机「ハプティックデスク」の記事が日刊工業新聞1面で紹介されました。 電子版はこちら
nikkandesk

2013-11-03

IEEE IROS2013において1件の発表と2件のワークショップ講演を行いました。

2013-10-15

JSTさきがけシンポジウム 情報学による未来社会のデザイン 第二回「情報が拓くヘルス&ウェルネス」において1件の発表と3件の展示を行いました。

2013-09-04

日本ロボット学会学術講演会において1件の発表を行いました。

2013-08-26

IEEE R10-HTC2013において1件の発表を行いました。

2013-05-23

ロボティクスメカトロニクス講演会2013において3件の発表を行いました。

2013-03-08

電気学会産業計測制御研究会において9件の発表を行いました。

2013-02-27

IEEE ICM2013において1件の発表を行いました。

2012-12-19

電気機器学気罵尭概,鰺解するための動画はここ

2012-12-13

数値解析とアルゴリズム演習の出席課題ひな形ファイルはここ(右クリックから保存するとよい)。

2012-10-2

IECON2012にて2件の講演と1件のチュートリアルを実施しました

2012-10-2

IROS2012にて1件講演しました

2011-09-18

日本ロボット学会学術講演会で1件の発表を行いました。

2012-09-1

電気学会誌9月号に特集記事が掲載されました
辻 俊明, 大西 公平: "筋骨格アクチュエータに基づくモーションコントロール,"

2012-08-21

電気学会産業応用部門大会で2件の発表を行いました。

2012-06-27

埼玉新聞にリハビリ支援ロボットの記事が掲載されました
サイ・テクこらむ知と技の発信「力の計測で運動療法を向上」
ss627

2012-05-28

ロボティクスメカトロニクス講演会において1件講演を行いました

2012-03-29

日本生理学会においてシンポジウム講演を行いました

2012-03-26

サラエボで開催されたIEEE International Workshop AMC2012において1件発表しました

2012-03-21

電気学会全国大会においてシンポジウム講演を行いました

2012-03-09

本研究室4年生の栗田直幸君が電気学会東京支部 埼玉支所優秀論文発表賞を受賞しました
論文題目:「非凸包型エンドエフェクタを有するハプティックアーマの信号処理」
kurita

2012-03-06

電気学会産業計測制御研究会にて3件の発表を行いました

2012-02-03

サイトリニューアル

2011-11-08

IECON2011にて1件発表しました。

2011-11-07

IECON2011にてワークショップを開催しました。

2011-11-04

首都圏北部4大学発新技術説明会で講演しました。

2011-09-08

日本ロボット学会学術講演会で2件の発表を行いました。

2011-09-05

電気学会産業応用部門大会で2件の発表を行いました。

2011-09-01

電気学会論文誌D(産業応用部門誌)に下記の原著論文が掲載されました。
  羽生 良輔,辻 俊明:   "複数の支持点を有する甲殻型触覚センサの開発とマニピュレータへの応用"
  電気学会産業応用部門誌, Vol. 131(2011), No. 9, pp. 1128-1134

2011-05

ICRA2011において1件の発表を行いました。

2011-04-21

日本機械学会賞を受賞しました。   
タイトル:
   「ライフマスクを用いた顔ロボットによる動的表情表出」

2011-03-08

電気学会産業計測制御研究会において2件の発表を行いました。

2010-11-23

MECATRONICS2010, Recognition Award を受賞しました。

2010-11-23

MECATRONICS2010において1件の発表を行いました。

2010-11-19

電気学会東海支部・SICE中部支部共催若手セミナー「次世代パワーエレクトロニクス技術の新展開」において招待講演を行いました。 タイトル:「ロボットが全身で力覚・触覚を検知するための技術」

2010-11-08

IECON2010において1件の発表を行いました。

>>Read more news