辻研究室

埼玉大学でロボット工学を研究する辻研究室のサイトです

Main Researches

Recent News

IEEE Access(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Takeuchi, K. Sugawara, I. Nojima, and T. Tsuji: “Comparative Study of Foot Fixation Methods and Sensor Arrangements in Ankle Joint Torque Measurement Equipment,”
IEEE Access, Vol. 10, pp. 114040-114047, 2022.(Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/9932594).
京都で開催されたIROS2022において2件の発表を行いました。
第4回日本再生医療とリハビリテーション学会学術大会において1件の発表を行いました。
オープンラボ説明会を開催します。
10月10日(月) 16:30~, 場所: 実習工場・研究実験棟1階 電気機器実験室
第40回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
Y. Kato, P. Balatti, J. M. Gandarias, M. Leonori, T. Tsuji, and A. Ajoudani: “A Self-Tuning Impedance-based Interaction Planner for Robotic Haptic Exploration,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 7, No. 4, pp. 9461-9468, 2022.
札幌で開催されたAIM2022において1件の発表を行いました。
札幌およびオンラインで開催されたROBOMECH2022において4件の発表を行いました。
フィラデルフィアおよびオンラインで開催されたICRA2022において2件の発表を行いました。
オンラインで開催されたSAMCON2022において3件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記2件の原著論文が掲載されました。
・T. Horikoshi, S. Sakaino, and T. Tsuji: "High Dynamic Range Force Sensing of a Robot Hand Combining Signals on Tip and Wrist,"
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 7, No. 2, pp. 3210-3217, 2022.
・Y. Nogi, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Force Control of Grinding Process Based on Frequency Analysis,"
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 7, No. 2, pp. 3250-3256, 2022.
オンラインで開催されたICCAS2021において1件の発表を行いました。
オンラインで開催されたIROS2021において2件の発表を行いました。
オープンラボ説明会参加者向け
研究紹介動画等リンク集はこちら
第39回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
R. Tamura, T.Horikoshi, S. Sakaino, and T. Tsuji: “High Dynamic Range 6-Axis Force Sensor Employing a Semiconductor-Metallic Foil Strain Gauge Combination,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 6, No. 4, pp. 6243-6249, 2021.
概要はこちらの動画から
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Kitamura, S. Sakaino, M. Hara, and T. Tsuji: “Bilateral Control of Human Upper Limbs Using Functional Electrical Stimulation Based on Dynamic Model Approximation,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 10, No. 4, pp. 443-456, 2021.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
R. Tamura, S. Sakaino, and T. Tsuji: “High Dynamic Range Uniaxial Force/Torque Sensor Using Metal Foil and Semiconductor Strain Gauge,”
IEEJ Journal of Industry Applications, 2021.
オンラインで開催されたROBOMECH2021において4件の発表を行いました。
生体医工学誌(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
久保田 圭祐, 大久保 優貴, 李 陽秀, 金子 縁, 辻 俊明: “卓上型全方向駆動リハビリロボットを用いた慢性期脳卒中片麻痺者の上肢運動機能改善効果の検証,”
生体医工学誌, Vol. 59, No. 1, pp.1-6, 2021.
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
T. Tsuji, K. Sato, and S. Sakaino: “Contact Feature Recognition Based on MFCC of Force Signals,”
IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 6, no. 3, pp. 5153-5158, 2021.
日本ロボット学会誌(査読有り)にて下記の原著論文が掲載されました。
辻 俊明, 佐藤 航陽, 境野 翔: “力覚情報のメル周波数ケプストラム係数に基づく接触動作の認識,”
日本ロボット学会誌, Vol. 39, No. 2, pp. 173-176, 2021.
オンラインで開催されたSAMCON2021において2件の発表を行いました。
オンラインで開催されたICM2021において2件の発表を行いました。
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
M. Oikawa, T. Kusakabe, K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Reinforcement Learning for Robotic Assembly Using Non-Diagonal Stiffness Matrix,”
IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 6, no. 2, pp. 2737-2744, 2021.
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
S. Sakaino, T. Kitamura, N. Mizukami, and T. Tsuji: “High-Precision Control for Functional Electrical Stimulation Utilizing a High-Resolution Encoder,”
IEEJ Journal of Industry Applications, Vol. 10, No. 2, pp. 124-133, 2021.
IEEE Access(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
A. Sasagawa, K. Fujimoto, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Motion Generation Using Bilateral Control-based Imitation Learning with Autoregressive Learning,”
IEEE Access, Vol. 9, 2021.(Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/9344611).
Robotics and Automation Letters(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
A. Sasagawa, K. Fujimoto, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Imitation Learning Based on Bilateral Control for Human–Robot Cooperation,”
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol. 5, No. 4, pp. 6169-6176, 2020.
Advanced Robotics(査読有り)にて、下記の論文がAdvanced Robotics Excellent Paper Awardに選定されました。
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: “Trajectory adjustment for nonprehensile manipulation using latent space of trained sequence-to-sequence model,”
Advanced Robotics, Vol. 33, Issue 21, pp. 1144-1154, 2019.
第38回日本ロボット学会学術講演会において3件の発表を行いました。
オープンラボ説明会参加者向け
動画等リンク集はこちら
研究協力者公募の案内
概要はこちら
オンラインで開催されたAIM2020において1件の発表を行いました。
オンラインで開催されたROBOMECH2020において5件の発表を行いました。
IEEJ SAMCON2020にて、下記の論文がSAMCON2020 Outstanding Paper Awardに選定されました。
T. Tsuji, D. Okumura, R. Tamura, and S. Sakaino: "High dynamic range six-axis force / torque sensors for dexterous robots,"
the 6th IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON2020), IS-7.
IEEJ SAMCON2020にて、下記2件の論文が掲載されました。
・T. Horikoshi, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Highly backdrivable Motion Control of a Robot with HDR 6-axis F/T Sensor,"
the 6th IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON2020), P-18.
・T. Tsuji, D. Okumura, R. Tamura, and S. Sakaino: "High dynamic range six-axis force / torque sensors for dexterous robots,"
the 6th IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON2020), IS-7.
IEEE Access(査読有り)にて、下記2件の原著論文が掲載されました。
・D. Furuta, K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Motion Planning with Success Judgement Model based on Learning from Demonstration,"
IEEE Access, 2020. (Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/document/9064769).
・Y. Hasegawa, T. Kitamura, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Bilateral Control of Elbow and Shoulder Joints Using Functional Electrical Stimulation Between Humans and Robots,"
IEEE Access, 2020. (Open Access: https://ieeexplore.ieee.org/abstract/document/8962009).
IEEJ Journal of Industry Applications(査読有り)にて、下記の原著論文が掲載されました。
K. Kutsuzawa, S. Sakaino, and T. Tsuji: "Simultaneous Estimation of Contact Position and Tool Shape using Unscented Particle Filter,"
IEEJ Journal of Industry Applications, vol. 9, no. 5, May 2020.